雪あそび博覧会

厳しい雪国の冬がアーティストと出会い、楽しく遊べる作品が誕生します。
真っ白なキャンバスで繰り広げられる、見て、遊んで、食べて、感じるSNOWART体験。
キナーレ会場では、1月からこたつが乗り物になったり、雪上での食体験や雪板あそびを展開。農舞台会場では、雪も深くなる2月から、作品が登場します。
【参加作家】岡藤石、鞍掛純一、深澤孝史、YORIKO、松代案山子隊、ReBuilding Center Japan、磯崎道佳、松本勇馬、雪アート新潟ユニット、堀川紀夫+山ぞり隊

【助成】
一般財団法人地域創造

*農舞台会場のプログラムは、天候により変更の可能性がございます。


越後妻有里山現代美術館[キナーレ]会場


深澤孝史「こたつカー近代美術館」「キナーレをほんやら洞に見立てる」

実はこたつの中に自転車が入っている、動くこたつ。電気を使わなくても温かくなれるかも。ほんやら洞づくりをモチーフに雪像を作る体験も。

鞍掛純一「雪板」

雪上で「雪板」にのって思いっきりあそぼう。作家デザインのスペシャルボードの展示もあります。

YORIKO「越後妻有コラボ甘味屋台 2021冬」

十日町の縁起菓子「チンコロ」づくりのワークショップを開催します。

【ワークショップ開催日】会期中の土日のみ 11:00~15:00 一律200円
※予約不要(お席が空いていない場合は少しお待ちいただく場合がございます。)

岡藤石「大きなこたつの下で」

こたつの下には潜って遊んだ記憶のある人は多いはず。大きなこたつは、そんな暖かく、懐かしい空間です。

「おもちBar」

炭火でお餅をじっくり焼いて、地元おすすめの食べ方で楽しみます(味付けを各種ご用意)。
※会期中の土日のみ 11:00~15:00 1回200円

まつだい「農舞台」会場

※農舞台野外会場のプログラムは、天候により変更の可能性がございます。


磯崎道佳「マキオ巨人と雪上散歩(仮)」

体長10メートルのマキオ巨人が農舞台に再び登場。来場者から集めたお手紙付きパラシュートをはきだすパフォーマンスはもちろん、会期後半にはペッチャンコになったマキオ巨人が登場するかも⁉

ReBuilding Center Japan「SNOWFIELD TABLE」

昨年キナーレ会場に登場した、最初はやたらと背が高く、雪が降り積もるとちょうどよくなるテーブル。今年は農舞台会場のど真ん中に現れます。

堀川紀夫+山ぞり隊「山ぞりまつり」

かつて冬に木を切り、そりで運び出した習慣をモチーフとした乗って遊べるソリ。

松代案山子隊「冬のあそびごと」

縄ない体験(わらから縄をつくる)やさまざまな素材のソリで滑れるスノーアクティビティ、凧作りなど、案山子隊が小さい頃にあったさまざまな冬のあそびごとを体験できます。炭火で焼いたあんぼのふるまいも行います。

 

雪アート・新潟ユニット「雪アート・新潟ユニット広場」

雪国に住む作家たちが、雪のユニークな素材感を生かし、投げたり、形を作ったり楽しく遊べる参加型作品を展開予定。

松本勇馬「米偶さん・むしゃむしゃ」

秋に登場した米偶の親子が冬支度を経て雪原に鎮座します。

Photo by NAKAMURA Osamu