エルムグリーン&ドラッグセット《POWERLESS STRUCTURES, FIG.429》

collection_06
マイケル・エルムグリーン=1961年、デンマーク生まれ
インガー・ドラッグセット=1969年、ノルウェー生まれ

エルムグリーン&ドラッグセットはコラボレーションを始めた時より、アートが制度的状況の中でどのように表現されるかを研究し、現代美術を展示するスペースとしてのホワイトキューブ(美術館)の役割を問い続けてきた。
一連のシリーズの最新作である本作品では、いくつものホワイトキューブが模型サイズに小さくなり、ひっくり返り、高さ5mほどまでに増殖している。鑑賞者がこの不安定さに積み上がった「架空のギャラリー」内部で何が起こって居るのか想像して欲しい。

素材|木、ステンレス、アクリル板、照明など
サイズ|1500×908×718mm×14個


Copyright 2011-2017, 越後妻有里山現代美術館[キナーレ] All Rights Reserved.