山本浩二《フロギストン》


Materials: carbonized sculptures (18 kinds of broad-leaved trees)
1966: Born in Fukui, Japan

Selected Works, Exhibitions, Projects
2009: Echigo-Tsumari Art Triennale (Tokamachi, Niigata, Japan)
2004: Koji Yamamoto Exhibition (Galerie Ando, Tokyo, Japan)
2001: Pottery New Sense Series 20: From a Form of Cinder (INAX Tile Museum, Tokoname, Aichi, Japan)
2000: Black and White: Forms and Lines in the Terada Collection (Tokyo Opera City Art Gallery, Tokyo, Japan)
1999: The Polar Point of Forms (INAX Gallery, Tokyo, Japan)

1966年、福井県生まれ

越後妻有地域の多様な植物相をサンプリングし、地域内の各所から様々な樹木を入手し、彫刻を施した後に炭化させた彫刻群。彫刻を乗せている台座はここの彫刻に使われた多種多様な木材を用いている。オリジナルの樹木と炭化し作品となった樹木を対比して見ることができるのと同時に、越後妻有の原生林の中を散策するようなインスタレーションとした。

素材| 炭化彫刻(広葉樹18種:コナラ、ミズキ、シロヤナギ、ホオノキ、サワグルミ、クリ、ハンノキ、ヤマガキ、トチノキ、ドロノキ、ケ ヤキ、イタヤカエデ、コシアブラ、ソメイヨシノ、キハダ、ミズナラ、オニグルミ、エノキ)