マッシモ・バルトリーニfeat. ロレンツォ・ビニ《○in□》

撮影:中村修

Materials: stools, tables, lighting, 2,000 mobiles, etc.
Massimo Bartolini: 1962 Born in Cecina, Italy, where he live and works
Lorenzo Bini: 1971 Born in Italy

Massimo Bartolini: Selected Works, Exhibitions, Projects
2012: Documenta (Kassel, Germany) (Curated by C.C. Bakargiev), TRACK (Ghent, Belgium) (Curated by Philippe Van Cauteren, Mirjam Varadinis)
2011: Yokohama Triennale (Yokohama, Kanagawa, Japan) (Curated by Akiko Miki), Basements, Solo Exhibition (Galleria Massimo De Carlo, Milan, Italy) , Serce na Dloni, Solo Exhibition (Centre of Contemporary Art “Znaki Czasu”, Turon, Polonia) (Curated by D.Denegri)

Lorenzo Bini: Selected Works, Exhibitions, Projects
2011: Zumbini (Milan, Italy)
2010: Oh Shit (Galleria Massimo De Carlo, Milan, Italy)
2008: bastard store (Milan, Italy), Maderneid (Eppan, South Tyrol, Italy)
2007: La mamma di Boccioni in ambulanza e la fusione della campana (MAMbo, Bologna, Italy)

マッシモ・バルトリーニ=1962年、イタリア、チェチーナ生まれ。 チェチーナ在住
ロレンツォ・ビニ=1971年、イタリア生まれ

ここにあるすべてが、四角と円で構成されている。原広司の目指した、自然に対して屹立する正方形の空間に、内包される円。そこに信濃川のイメージが、通奏低音となる。天井から下がる丸い照明は、信濃川の上に浮かぶ雲であり、円盤は、信濃川のきらめきや、信濃川沿いに活動する人々のエナジー。レストランの円テーブルは、すべてつなげると信濃川が現れる仕組みだ。弧を描く巨大な書棚に並ぶ本は、越後妻有の歴史や民俗を記したものが中心であり、そのまま越後妻有里山現代美術館[キナーレ]のコンセプトともなる。都市と地域の交流を目指す「大地の芸術祭の里」を体現する場となるこの空間では、地域の大切なモノが、外部から訪れる観客たちの持ち寄るモノと交換され、クロスオーバーしていく。

素材|椅子、テーブル、照明、モビール約2000個など